mmag

ハマったことメモなど

ReDocに食わせるOpenAPIにはoperationIdを書こう

最近ReDocを触っていてヤヤハマリに遭遇することがあるので書いておきます。

github.com

operationIdってなにさというと、OpenAPIのOperation Objectの一項目で、操作を識別するための一意な文字列のことです。ReDocに食わせるOpenAPIには、と書きましたが、そうでなくても書いておくべきやつです。

困ったこと

v1.14.0の話です。

ReDocのデモを見るとわかりますが、例えばaddPetというoperationIdが付いた操作には、パーマリンクとして http://rebilly.github.io/ReDoc/#operation/addPet が与えられます。operationIdをちゃんと書いたときはいいのですが、ここをサボると、ReDocは他の情報から頑張って一意な文字列を作ろうとします。健気なやつです。ただその文字列が、

/#null%2Fpaths%2F~1v1~1pet.json%2Fget

みたいな。せっかく頑張ってくれたんですが、ちょっと積極的に使う気になれない。しかも場所によって先頭のnullundefinedになってリンクとして機能しないっていう…。ということで、operationIdはサボらずちゃんと書きましょう。

minikubeを触った

ふとkubernetesを触ってみようと思い、ローカルで試すにはminikubeがよいということで試してみた。一通りチュートリアルをやってわかった気になったので、ちょっとした構成をつくってみたのがこちら。

github.com

docker hubに上げてないイメージを使うために

$ minikube start
$ eval $(minikube docker-env)

とかしないといけないはず。これをした上で、

$ ./build.sh

とすると、docker buildやらDeploymentの作成が行われ、以下が2組立ち上がる。

  • 80番を3000番にリバースプロキシするnginx
  • 今の時刻を文字で返すWebアプリ
$ ./build.sh
Sending build context to Docker daemon  5.718MB
Step 1 : FROM golang:alpine
 ---> c82f63bb2928
Step 2 : ADD . /tmp
 ---> Using cache
 ---> be2da95d39d6
Step 3 : WORKDIR /tmp
 ---> Using cache
 ---> 153c17f1ff46
Step 4 : RUN go build -o /opt/app app.go
 ---> Using cache
 ---> d70e89cd9650
Step 5 : ENTRYPOINT /opt/app
 ---> Using cache
 ---> f48256763296
Successfully built f48256763296
Sending build context to Docker daemon  3.584kB
Step 1 : FROM nginx:latest
 ---> 5766334bdaa0
Step 2 : COPY ./nginx.conf /etc/nginx/
 ---> Using cache
 ---> d71e8a6ed75d
Successfully built d71e8a6ed75d
deployment "current-time" created
service "current-time" exposed
open 192.168.99.100:31744

最後に出力されているURLへ行くと、"2017-04-23 08:11:50.512403779 +0000 UTC"という感じが見えて、動いていることが確認できる。

asdf-nodejsでgpgのエラー

最近macをセットアップする機会があったので、各言語のバージョン管理にasdfというやつを使い始めました。以前も一度試したのですが、なんだったか途中でコケてよくわからんから、まぁanyenvでいいか、となっていたので再挑戦。今度はそれなりにサクッと行きそうですが、1ヶ所つまずいたとこがあったので書いておきます。

asdf-nodejs

asdf自体のインストールはREADMEに従って行いました。まずはnodeでも入れるか、と思ってasdf-nodejsを入れたところ、インストール手順に

# Imports Node.js release team's OpenPGP keys to main keyring
bash ~/.asdf/plugins/nodejs/bin/import-release-team-keyring

というものがありました。リリースチームの鍵を入れろよ、という話ですが、そのまま素直に打ったら「鍵サーバからの受信に失敗しました: no route to host」なんていうエラーが。import-release-team-keyringの中身

gpg --keyserver pool.sks-keyservers.net --recv-keys 94AE3...

というコマンドが列挙してあるだけで、サーバに辿り着けていないのかなと思うもpingは通る。ポートとかその辺かなーと思って調べると、どうやら

hkp://p80.pool.sks-keyservers.net:80

に別の口が開いているようなので、import-release-team-keyringの中のpool.sks-keyservers.netを置換して何とか鍵が入りました。署名とかに関することでエラーとか言われると不穏ですが、とりあえずこれで。

テーマはFB matteをベースにしてます。作者さんに感謝を込めて。