mmag

ハマったことメモなど

Elixir

PhoenixでPage Specific JavaScript

と言ってもすでにインタネットに情報があります。 medium.com まずはviewモジュール名(@view_module)とテンプレート名(@view_template)からjsファイルのパスが導出できるように取り決めしておき、bodyタグのdata属性にそのパスを吐き出しておく。で、DOMCont…

GenStageのcastやcallもdispatchするんですね

github.com 以前ふむふむ眺めただけだったので触ってみたら微ハマりした。 defmodule Producer do use GenStage ... def enqueue(item) do GenStage.cast(__MODULE__, {:enqueue, item}) end def handle_cast({:enqueue, item}, state) do {:noreply, [item]…

EctoからSQL関連の機能が分離されるらしい

github.com EctoはポスグレなんかのRDBMSと使われることが多いと思われるけど、役割としてはschemaでデータの構造を定義したりchangesetでデータを操作したりrepoを通して実際にデータを保存したりといろいろあり、SQLを扱うことだけが仕事じゃない。どんな…

ElixirのConfigに関する議論が盛り上がっている

これ elixirforum.com 課題意識としては、Mixプロジェクトにおけるconfigはアプリケーションが起動するときに読み込まれるけれど、その一方でそれをreleaseビルドするときはコンパイルするときに読み込まれるという違いがあり、混乱のもとになっている、とい…

GraphQLやってる

前に書いた社内向けの日報Webサービスで、RESTful(RESTish?)なAPIからGraphQLなAPIに書き直しをしてる。 サーバ側 そもそもそんなに大きなアプリケーションではないので、雑にhas manyやらassociationsを辿っていく程度のものはすぐにできた。認証はAuthoriz…

使ってない依存パッケージがmix.lockに残ってるとき

なんやかんやで、mix.exsからは消えてるのに、mix.lockには残っちゃってる依存性があるとき。 $ mix deps.unlock --unused でmix.lockから消せる。

AbsintheでContextを組み立てたりMiddlewareを挟んだり

最近AbsintheをつかってGraphQLサーバを実装しはじめているのですが、これどう書くんだろと思って調べたことがあったのでメモ。 調べたと言ってもドキュメントに全部書いてあったので、ドキュメント写してるみたいになってる。まあいいよね。 Context GraphQ…

one_for_allとrest_for_allはtemporaryなプロセスの死で発火しない

再起動戦略one_for_allのSupervisorがいたとして、そこにtemporaryなWorkerとpermanentなWorkerがぶら下がっているとします。 permanentがWorkerがクラッシュすると、temporaryなWorkerが落とされて、両方再起動します。one_for_allなので。 しかしながら、t…

umbrellaではRPCしてくれる君をつくろうという話

Elixirのumbrellaは知っていましたが、実際これ分散させて動かすときどうなんのさ、というイメージがぱっとしていなかったのですが、こちらを読んだら腹落ち感が生まれたのでメモ。特にInterface Moduleを切った上でRPCする、というところ。 medium.com 例え…

Absintheをちょっと触った

Absinthe(アブサン、アブサント)というElixirのライブラリがありまして、GraphQLのAPIやってみよということでちょっと触りました。 http://absinthe-graphql.org/ ほんとにちょっと触っただけなので見せるコードもありませんが、いくつか思っていることを…

あっちこっちでpreload問題

こんばんは。 Ectoでは関連を明示的にpreloadすることがよくあります。例えばUserがPostを複数持っていて、それをUserControllerのshowアクションでこんなjsonで返したいとき、 { "user": { "name": "joe_noh", "posts": [ {"title": "...", body: "..."}, {…

Ecto.Changeset.change/2 知らなかった

Ectoのmany_to_manyのドキュメントを読んでいたら、使用例の中でEcto.Changeset.change/2という関数が使われていました。 構造体からchangesetをつくってくれる関数なようです。知らなかった。struct入れてもchangeset入れてもいいみたい。キャストやバリデ…

はやくElixirConf 2016の録画が観たいという気持ち

もう時間は深夜1時を回っていて寝なきゃいけないのに、こんなツイートを見てウォーッ!!となってしまった。 Watch this space for #ElixirConf videos. All should be out by Sep 26.https://t.co/I2OsL8TQFW— ElixirConf (@ElixirConf) 2016年9月8日 でもまだ1本…

Gettextの使い方メモ

はいコンバンハ。 Gettextっていうモジュールがあるんですが、POTとかPOファイルとか、なんかよくわかんなかったので書いておきます。 できること いわゆるi18n、アプリケーションの国際化ができます。Phoenixアプリ前提にしてしまいますが、例えばHTMLに <h1><%</h1>…

これからはexrmではなくdistilleryを使っていくべきらしい

github.com 1週間ほど前にこんなコミットがあり、exrmは御役御免になるそうです。代わりに今後はdistilleryを使うように書かれています。読み方はディスティラリーかな。 作者はexrmと同じ人で、exrmを開発していくよりも一度ゼロから書き直したほうがよいと…

hex v0.13.0に上げたらクラッシュするようになった

hexのv0.13.0出たよアップデートしてね、というメッセージが出たので、v0.13.0に上げてみたところ、mixタスクを実行するとこんなエラーを吐いて止まるようになってしまった。 Could not start Hex. Try fetching a new version with "mix local.hex" or unin…

「GenStage.Flowをちょっと触ってみた」っていうエントリ書こうとしたらよくわかんなくなったけどアッて気づいて解決した

んですよ。 GenStage.Flowのドキュメントには、 alias Experimental.GenStage.Flow File.stream!("path/to/some/file") |> Flow.from_enumerable() |> Flow.flat_map(&String.split(&1, " ")) |> Flow.reduce(fn -> %{} end, fn word, acc -> Map.update(acc…

ExUnitで不要なログを出力させないようにする

前回のエントリで、ExUnitには色々と便利なタグがあるということを書きました。 今日は、そのうちの1つcapture_logについて書きます。 使い所 例えばJWTを扱うためのライブラリjokenは、不正なトークンを与えると以下の様なログを吐きます。 21:17:51.385 [w…

ExUnitで特定のテストだけ実行・スキップする方法

特定のテストだけ実行する ファイル単位で指定して実行する mix testに引数を渡すことで、そのファイルだけテストを実行できます。 $ mix test test/my_test.exs 行番号を指定して実行する ファイル単位の指定に加えて、:5のように行番号を指定できます。 $ …

ExUnit.Caseのasyncオプションはfalseがデフォルト

直近の3エントリでは醜態を晒し、もう晒しきったと思いきや別のところで勘違いをしていたことがわかったので書いておきます。 Elixirでテストを書くときはExUnitを使うのが定石となっていまして、以下のような書き方をします。 defmodule App1Test do use Ex…

遅いと思ったときに原因を調べない奴は何をやってもダメ

昨日は遅いと思ったからといってすぐspawnするのはダメとか言っていたけど、もう少し前にやることがあるだろうがオイ、という話。 前々回のエントリで、 こんな遅かったっけ?と思いながらおもむろにspawn と書いた。「こんな遅かったっけ?」と思ったのにそ…

遅いと思ったからといってすぐspawnするのはダメ

昨日は遅いと思ったらとりあえずspawnとか言っていたのが、そうもいかなくなりましたという話。 昨日書いたやつがこれ。Rails Tutorialに沿って書いている。 ## priv/repo/seeds.exs alias PhMicroblog.{User, Repo} defmodule Helper do def insert_user!(n…

遅いと思ったらとりあえずspawn

以前にも書いたように、Rails Tutorialをphoenixでやってたやつをまたちょいちょい書いている。 その中で、seedでダミーのユーザを100人つくるというのがあった。かなり前にseedつくる用のパッケージ書いたなと思い出してメンテしてねぇやべぇとおもったけど…

Elixir 1.2.6がリリースされた

今から3、4時間前に、Elixir v1.2.6がリリースされていました。 github.com バグ修正はとりあえず置いといて、機能追加として以下があったようです。 Erlang 19のサポート RC 2まで来ているErlang/OTP 19をサポートするようになりました。 quote generated: …

はてなブログでElixirがsyntax highlightされるようになってた

さっきのエントリを書いているときに気づいたのだけれど、Elixirのコードにちゃんと色がつくようになっていた。これまでは文法やキーワードが似ているrubyを指定してお茶を濁していたのだけれど、今後はelixirと書けそう。いつからなんだろ。 比べてみるとこ…

Elixir 1.3から使える時間に関するsigil

Elixir 1.3から時間に関する構造体がいくつか定義されました。そのうちの3つ、Date, Time, NaiveDateTimeをつくるsigilが追加されています。それぞれ~D, ~T, ~Nです。 iexで~D(2016-06-04)と打っても、そのまま表示されてしまい何が作られているのかよくわか…

ExUnitのdescribeとnamed setupについてもう少し丁寧に

今日の昼に書いたエントリはとても雑だったので、もう少し丁寧に書きます。 describe describe/2マクロを使うことで、複数のテストケースをまとめることができます。 defmodule MyAppTest do use ExUnit.Case, async: true describe "addition" do test "1 +…

ExUnitでdescribeが使えるようになった

昨日は小言を並べました。 ついさっきElixir 1.3.0-rc.0がリリースされていることを発見しました。 github.com 変更点を眺めていると、気になる一文が!! [ExUnit] Support for bundling tests together with describe/2 なんと!! 試す こんな風に使いま…

hexパッケージの名前付けについて小言を並べる

前回はvalidate_confirmationという関数のことを書きました。 今日はhexパッケージの名前はどうあるべきかについて思うトコロを書いていきます。 なんでこんなことを書こうと思ったかというと、hex.pmに"Naming your package"というセクションが設けられたか…

validate_confirmation/3 という存在を思い出した

一通り実装してから、Ecto.Changeset.validate_confirmation/3があったことを思い出してしまった。 model |> cast(...) |> validate_confirmation(:password) ってすると、passwordとpassword_confirmationの値が一致してるかチェックしてくれる。